ミツル建築工房

岡山県倉敷市の工務店 家づくりをしています

洗濯モノとお布団干し場

トータルコーディネーターのK子です。

「洗濯モノはどこに干したいですか?」

この質問は、間取りを作る際に一番最初にお尋ねすることです。 リビングの広さよりです。 毎日の暮らしでは重要ポイントです。

よく見かける、

1階の洗濯機から階段を上がって、寝室を抜けて、ベランダへ!

という最長ルートだけだと結構しんどいです。

お家ごとに希望は違います。

花粉症、共働き、大家族、日陰・・・・など条件も様々です。

洗濯機の近くで動線を短く。

屋根のあるベランダで雨の心配もなく。

花粉やほこりが無い室内で。

1階のリビングの近く。

人が来ても見えないところで。

希望を組み合わせて、2,3ヶ所干せる場所として用意しておきます。

どんな生活をするのかを最初に担当者に伝えて、ストレスのない家事をしたいものです。

[ お家ごとに違う洗濯干し場。 ]

f:id:mitsuru-kenchiku:20180601155246j:plain

洗面脱衣室に干す。 アイロンをかけたり、たたんだりするスペースもあるから、サッサと終了。

f:id:mitsuru-kenchiku:20180601155309j:plain

ダイニングキッチンの片隅に。洗面室と繋がっていて一歩でも短縮したい! 広いので以外と湿気ない。 ロールスクリーンで目隠し出来るから、大丈夫!!

f:id:mitsuru-kenchiku:20180601155407j:plain

ベランダの代わりのサンルーム。 風通しが良いのでよく乾く。

f:id:mitsuru-kenchiku:20180601153841j:plain

階段を上がってすぐベランダに出られる。 屋根があるからいつでも誰でも干せる。 ホールが広いと布団の出し入れも楽々。

f:id:mitsuru-kenchiku:20180601154024j:plain

1階のウッドデッキは、リビングの前ではなくダイニングの前に。 目線が気にならないから、来客があっても干しっぱなし!

mitsuru-kenchiku.net